企業の社員研修等で行われているeラーニングとは!?

eラーニングは画期的な学習形態

eラーニングとは、簡単に言えばインターネットを介して行われる講習や勉強会などの学習形態を意味しています。昔は社員研修や各種講習を行う際、一つの部屋に大人数が集まり、講師や先生が教えるという形態が一般的でした。このため参加者のスケジュール調整が難しく、なかなか出席できない人も少なからずいたようです。しかし、eラーニングは学習教材をサーバー上に保存しているので、ネット環境さえあれば場所を選ばず、いつでもどこでも講習を受講できるのです。受講希望者は空き時間を利用していつでも勉強できますし、とても大きなメリットがある学習形態だと言えるでしょう。

企業研修の現場で欠かせないeラーニング

eラーニングは、企業研修の現場で欠かせない教育形態となっています。例えば定期的に新入社員に対してビジネスマナーの研修を行う場合、1度だけeラーニングの教材を作ってしまえば、後は繰り返し使えます。研修の度に専門の講師が出なくても大丈夫なので、人件費の削減にもつながりますね。また、eラーニングでは動画やパワーポイントなどの教材を視聴できるだけでなく、Web上でテストを実施することも可能です。一通り講習が終わってから確認テストも行えるので、充実した講習を実施できます。また、eラーニングの教材は自社で作り上げることも可能ですが、外部企業に委託している企業も少なくありません。日本にはeラーニング用の様々な教材を作っている企業があり、必要なものを選んで受講することも可能です。

派遣のeラーニングならシンプルなシステムで何度でもレッスンできますから便利です。合格レベルも細かく設定されています。