日本の物流や小売を支えている倉庫の立地や倉庫業の仕事内容

倉庫はどこに立地しているのが最適?

日本の物流は、トラック・鉄道・航空機・船舶などによって支えられていますが、それらを集荷・出荷させるための倉庫は、日本を代表する国際空港・国際港・鉄道貨物ターミナル駅等に設置されています。トラックの倉庫は、港湾・空港近くに設置されている事に加えて、近年では輸送効率が良いとされる郊外の高速道路沿いに、大手物流企業・大手小売業・インターネットショッピング企業の倉庫が立地しているケースが増えています。立地が増加する理由としては、地方自治体が広大な敷地を造成する工業団地があるからであり、一部地方自治体では固定資産税の減免を実施して倉庫等の設置促進をさせています。

倉庫ではどんな仕事をしているの?

物流倉庫の仕事は、全国に荷物を発送させるための作業がメインになっており、ベルトコンベアーを使って配送先ごとに荷物を仕分けし、段ボールに梱包された数百個の荷物をトラックに積み込みます。小売業やインターネットショッピングの倉庫の仕事は、顧客から注文された商品のピッキング・梱包を行い、専用端末を使ってミスが起きないように正確に発送作業を実施します。在庫管理は、膨大な量を扱う事で大量の荷物を捌く必要がある事から、フォークリフトを扱う仕事も存在していて、搬入・積み込みで大活躍します。倉庫業で求められる人材は、時間に正確・重量物を扱う現場の場合は体力がある事・スピーディーに動ける事が挙げられますので、興味がある場合は求人に応募してみると良いでしょう。

物流とは商品を生産者から消費者へ移動させることを言い、輸送だけでなく包装や保管、荷役、情報処理などの活動も含まれます。