上手に利用しよう!EC物流導入のメリット

EC物流とはなんだろう

EC物流とは、わかりやすく言うとインターネットによるデータ通信を用いた取引のことです。この物流システムの中には商品の配送や保管や梱包、物流情報処理など、多岐にわたる分野の業務が含まれています。現在では商品配送については宅配便利用されることが多く、コンビニでの受け取りや、電子ロッカーでの保管などが行われることが多くなっています。

また、Eコマースによる情報はシステム管理されているため、これらの情報連携もEC物流の持つ大きな特徴となっていて、常にお客様の興味のある商品情報を提供し続けることができます。

EC物流のメリットについて

EC物流を導入すると、Webサイトからの注文でそのデータはクラウド管理され、受注から発送まで自動処理されますの、面倒な管理や作業から人が解放されるため、人が本業へ集中できるというメリットがあります。また、発注情報などにより在庫管理が楽となりますので、在庫を管理しておくためのそうこのスペースも省スペース化することが可能です。配送についても宅配便会社などと連携して、比較的リーズナブルな価格で配送が可能であるのもメリットとなります。

EC物流活用時のチェックポイント

チェックポイントとしては、在庫の管理方法です。商品コードとバーコードを利用して極力人手間がかからないようにしないとEC物流のメリットは受けられません。棚卸しについてもしっかりと行なっておく必要があり、どの倉庫にどれだけの在庫があるのかをリアルタイムで確認できるようにしておくことをお勧めします。定期的に行なっておきたいのが、商品と商品コードの一致確認です。ここが間違ってしまうと、必要な商品の仕入れができなかったり、逆に不必要な商品を大量注文してしまうことになります。

EC物流とはインターネットなどで購入した商品などの物流のことです。物流はオンラインショッピングなどはBtoC、企業間取引はBtoC、オークションなどはCtoCと、3パターンがあります。