派遣運転手の仕事内容は?直接雇用との違い

運転手にも様々な職種があります。

運転手の仕事というとまず思い浮かべるのが、タクシー運転手ではないでしょうか。タクシーは街中をよく走っていて利用する方も多いかもしれません。また求人件数も多く、転職情報紙にはタクシー会社の求人がよく載っています。これとよく似た運転手にハイヤーがあります。黒塗りの高級車でお偉いさんを乗せる仕事のイメージをもっているかもしれませんが、ハイヤーとは貸切りの意味があり、タクシーが距離制の料金設定でその都度料金徴収するのに対し、ハイヤーは時間制料金設定で多くの場合月ごとの請求となります。タクシーとハイヤーの共通点は普通二種免許が必要であることです。他にも普通一種免許で運転手の仕事ができるものがあります。それは会社のお抱え運転手(その会社に直接雇用される運転手)です。

派遣運転手の仕事内容

多くの会社では運転手を直接雇用することなくハイヤー会社等で運転手を派遣してもらうことが多くなっています。それは雑多な運転手の労務管理や面倒な事故処理を代わりにしてもらえるメリットがあるためです。運転手の仕事は一般の会社員とは労働時間や残業時間など大きく違うのです。では派遣運転手の仕事内容とはどのようなものでしょうか。タクシーやハイヤーは制服を着て仕事をしますが、派遣運転手は普通のスーツ姿で仕事をすることになります。運転の仕事に関してはハイヤーと変わることはありませんが、一日の流れは契約している会社の流れで行うことになり、その会社の一員のように振る舞います。決まったお客さんを毎日乗せて仕事ができるので、気が知れて安心して運転ができるのは良い点でしょう。

製造業や情報通信業など派遣という働き方はすっかり定着しています。役員の専属運転手を雇用すれば人件費がかかりますが、運転手の派遣により大幅に経費を削減することが可能となります。